伝統を守りつつ変革を進める、「クリュッグ」女性CEOの手腕


クリュッグ(Krug)は、ドイツから移民したヨーゼフ・クリュッグにより1843年に設立された、古い歴史を持つシャンパーニュ・メゾンだ。プレスティージュ・キュヴェにフォーカスし、世界中に熱心なファンを持つブランドである。現在は、6代目のオリヴィエ・クリュッグ氏が当主を務める。 シャンパーニュ作りには時間がかかることは前にも触れたが、 プレスティージュ・キュヴェの場合は特に長く、通常、リリースまで最低6〜10年かかる。質の良いブドウから複雑なシャンパーニュを作るには時間を要するのだ。ビジネスの観点からはキャッシュフロー・マネジメントも必要だ。また、ラグジュアリー商品である高価格帯のシャンパーニュは、景気に左右されやすいという側面もある。 クリュッグは、1999年から世界的なコングロマリットである「LVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン」グループの傘下にある。LVMHは他にも、モエ・エ・シャンドン、ヴーヴ・クリコ、ドン・ペリニョンといった大手シャンパーニュブランドを持つフランス企業だ。 そして2008年末、メゾンの立て直しのために、LVMH本社から、南米ベネズエラ出身の女性経営者、マルガレート(マギー)・エンリケス氏が社長として指名された。 マギーさんは、現在ではLVMHのワイン部門のトップも兼任する、ワイン業界のビジネスリーダー的な存在だ。その経歴から強面のイメージを持っていたが、実際お会いすると、人に隔たりがなく、優しく、温かく、情熱的でまっすぐな人柄。人を惹きつける魅力があり、自分の言葉で語る会話のところどころに、彼女がリーダーとして成功してきたヒントが散りばめられていた。

続きはこちらから。



#champagne #ForbesJapan

MY-CHAMPANGE-LIFE-LOGO.png

My Champagne Life

by Yuri Shima

My Champagne Life 

by Yuri Shima
Copyrights © 2018-2020 Yuri Shima.  All rights reserved